悠未ひろ疑惑の退団理由・真相 12月23日付け、宝塚100周年前

スポンサードリンク




悠未ひろ事ともちんが退団します、

今年の12月23日付けで退団と、

宝塚歌劇団が8月17日に発表しました。

 

コレ辞めさせられたんじゃないの?

って思いますね、100周年前にあえて劇団に。

悠未ひろとの出会い

私が初めて見た公演が宙組の、

大空祐飛主演、美しき生涯・ルナロッサでした。

 

その時悠未ひろは大空祐飛、凰稀かなめ、

北翔海莉に次ぐ4番手のスターでした。

 

歌・踊り・ダンスが三大要素となる、

宝塚歌劇団の中でも歌が上手く、

背が高いのが特長です。

 

※悠未ひろは現時点の宝塚歌劇団で、

一番背が高い179センチの男役スター。

 

好きな男役スターだっただけに、

退団発表はショックです…

 

悠未ひろの略歴

中学時代ベルサイユのばらを観劇、

男役に憧れて宝塚音楽学校入学を志す。

 

1995年 宝塚音楽学校入学(83期生)

同期は愛音羽麗、紫城るい(元宙組トップ娘役)、

彩乃かなみ(元月組トップ娘役)らがいる。

 

1997年 宝塚歌劇団入団(入団時成績は15番)

雪組公演「仮面のロマネスク/ゴールデン・デイズ」初舞台。

翌年宙組配属、宙組発足時研1(入団1年目)、

から宙組にいた生徒である。

 

2003年 「傭兵ピエール」新人公演初主演。

「白昼の稲妻」新人公演主演。

 

2005年 「Le Petit Jardin 幸せの庭」で、

バウホール公演初主演。

 

2006年 第47回宝塚舞踏会出演。

2008年 「宝塚巴里祭 2008」主演。

 

2012年 愛音羽麗が宝塚歌劇団を、

退団した事で最後の83期生となった。

 

2013年 「逆転裁判3 検事マイルズ・エッジワース」にて、

シアター・ドラマシティ公演初主演。

スポンサードリンク

 疑惑の退団、肩たたき?

宝塚歌劇団は来年100周年を迎えるにあたり、

ベテラン層の男役スターがドンドン退団させてます。

 

100周年で劇団の若返りを狙うのが、

目的ではないかと言われています。

 

今ままでも数々の別格スター、

トップ候補ではないが人気のある、

2~4番手クラスのスターが肩たたきされました。

 

悠未ひろも肩たたきの可能性が高いです。

 

だって普通100周年前に辞めないでしょ、

自分だったら記念となる100周年までいて、

それから辞めます。

 

今まで辞めて行った別格スターも真相は語りませんが、

自分から辞めたくて辞めたのではなく、

劇団側に辞めさせられた人が多いはずです。

 

シアター・ドラマシティ主演は餞別?

今年「逆転裁判3 検事マイルズ・エッジワース」にて、

シアター・ドラマシティ公演初主演が決まった時、

劇団からの餞別ではないか? と言う声がありました。

 

餞別とは今まで頑張ってくれてありがとう、

と言う劇団からの感謝の意味を込めて、

本公演、バウ等で大抜擢をする事を言います。

 

今までも退団の少し前に、

餞別としてバウ主演等をして、

退団していった別格スターは多いです。

 

 

最近だと雪組のまっつこと未涼亜希が、

ベルサイユのばらでアンドレ役に抜擢された時、

もしかして餞別では? と言う声が多かったです。

 

2013年 「ブラック・ジャック 許されざる者への挽歌」で、

ドラマシティ公演主演を務めてますし、

今回のともちんと類似する点がチラホラ…

 

 

兵庫・宝塚大劇場で9月27日~11月4日、

東京宝塚劇場で11月22日~12月23日、

に公演される風と共に去りぬが最後となります。

 

宙組からは悠未ひろ以外にも、

咲花莉帆、夢月せら、貴姿りょうが退団します。

 

悠未ひろのサヨナラ公演をみなさん見に行きましょう!

 

【追記分】

サヨナラ公演なのに冷遇されてましたね…

悠未ひろ(ともちん)退団なのに冷遇、風と共に去りぬ


スポンサードリンク


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ