悠未ひろ(ともちん)退団なのに冷遇、風と共に去りぬ

スポンサードリンク




風と共に去りぬのパレードで、

階段を降りる順番おかしくないですか!?

 

悠未ひろ退団公演なのに、

4番手ポジションと言う冷遇っぷり…

 

銀河英雄伝説の時は2番手ポジションだったのに、

退団で劇団ともめたのかもしれませんね。

 

フィナレーの大階段

宝塚歌劇団では最後にパレードと言うのがあります。

 

両脇を降りてくるスターは年功序列ですが、

真ん中はセンターラインと呼ばれ、

人気路線に乗ったスターが降りて来ます。

 

この時一番最初に歌う人をエトワールと言い、

その組の中で一番歌が上手い人が選ばれます(一部例外あり)

 

その後センターラインは、

番手が下のスターから降りて行きます、

つまり後で出る人ほど人気です(最後がトップスター)

 

羽根を背負わせるケースも

この時羽根を背負わせる事があり、

大きさによって3番手羽根、2番手羽根と呼びます。

 

トップスター、トップ娘役は基本的に背負いますが、

2番手でも劇団が正規の2番手と認めてない場合、

意図的に羽根を背負わせません(3番手も同じ)

 

涼紫央(とよこ)は別格路線、疑惑の退団」でも書きましたが、

当時2番手だった涼紫央はサヨナラ公演にも関わらず、

羽根なしと言う冷遇ぶりでした。

 

スポンサードリンク

まさかの4番手扱い!?

ともちんのサヨナラ公演となる、

宙組公演の風と共に去りぬのパレードですが、

階段降りの順番が衝撃的でした。

 

エトワール:実咲凜音(トップ娘役)

愛月ひかる&すみれ乃麗

七海ひろき&伶美うらら

悠未ひろ(4番手)

緒月遠麻(3番手)

朝夏まなと(2番手)

凰稀かなめ(トップスター)

 

サヨナラ公演なのに、

どれだけ冷遇されてるんだ、ともちん…

 

まあ役替わりでパターンA、Bがあるので、

階段降りの順番も変わるのかもしれませんが。

 

銀河英雄伝の時は2番手

凰稀かなめ、実咲凜音の、

新トップお披露目公演(銀河英雄伝説)では、

悠未ひろは2番手ポジションで階段を降りました。

 

それがサヨナラ公演では、

朝夏まなと、緒月遠麻より先ですからね…

 

宝塚100周年の前に辞めるのが嫌で、

劇団側ともめた結果の冷遇かもしれません。

 

詳しい事は分かりませんが、

最後くらい2番手扱い+羽根ありで良いと思います。

 

わざわざ番手を下げる事はないですよね、

なんで劇団側はそんな事するんでしょうね、

最後くらい有終の美を飾らせてあげたら良いのに。

 

その方が退団する本人も、ファンも気分が良いのに、

まだ現役で続けてるスターへの見せしめでしょうか。

 

劇団側の言う事に逆らったらこうなるぞ! みたいな。

 

宝塚歌劇団の公演は好きだし、好きなジェンヌもいますが、

運営のやり方はどうも好きになれないですね。


スポンサードリンク


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ