夢華あみ退団理由、いじめ96期生首席卒業

スポンサードリンク




宝塚歌劇団雪組の夢華あみの退団が発表されました。

 

将来はトップ娘役になると言われてたので、

早期退団に衝撃を隠せません。

 

簡単な経歴

・2010年 96期生で入団(宝塚音楽学校 首席卒業)

・2011年 ロミオとジュリエットでヒロイン役に大抜擢

・2013年 ベルサイユのばら-フェルゼン編でエトワール

・同年 ベルサイユのばら-フェルゼン編の新人公演でヒロイン(マリーアントワネット)

・2014年2月9日 退団

 

いじめ96期生

宝塚音楽学校時代にいじめ問題があり、

いじめられた生徒が退学、裁判に発展した事から、

 

いじめを行った96期生は入団時から嫌われており、

全員辞めさせて欲しいと言うファンもいます。

 

音月桂の足を引っ張った

雪組で新しくトップスターとなる、

音月桂のお披露目公演「ロミオとジュリエット」で、

 

正規のトップ娘役である舞羽美海と、

夢華あみの役替わりのWヒロインと言う、

謎の人事が起きました。

 

これによりファンの批判が集中!

 

実家が裕福で親が実力者である事から、

カネコネではないかと言う噂が流れました。

 

96期生いじめ+カネコネ疑惑の夢華あみが、

ヒロイン役だったら見に行かないと言う人も出て、

新トップ音月桂の足を引っ張ったと言われます。

 

劇団の猛プッシュ

先ほど書いた通りロミジュリで、

正規のトップ娘役とダブルヒロイン。

 

バウホール公演「灼熱の彼方」で、

星乃あんりとダブルヒロイン。

 

ベルサイユのばら-フェルゼン編でエトワール、

新人公演でヒロインのマリー・アントワネット。

 

劇団のプッシュが激しく、

経歴から考えてもトップ娘役になるのは、

間違いないとされていました。

 

なので今回の退団は驚きを隠せません。

スポンサードリンク

劇団側の配慮?

宝塚は男役が圧倒的に人気なので、

普通なら娘役が退団しても話題になりません。

 

しかし夢華あみは色々と特別なので、

ファンの間では大きな話題になってます。

 

流れ的にトップ娘1になるのは間違いなかったのですが、

ファンからの反発が相当あると予想されてました。

 

しかし劇団側の配慮で止めさせたと言う事はないでしょう、

トップ娘まで上げずに2番手くらいで止めておけば、

別段問題ないわけですから。

 

それに今までも横暴な人事を行って来たので、

劇団側がファンに配慮した可能性は低いでしょう、

もしそうなら嬉しいのですが…

 

本人が嫌になった?

いじめ問題、大抜擢によるバッシング、

これにより以降はどんな良い役を貰っても、

親のカネコネと言われるようになります。

 

・挽回不可能なほどのイメージダウン

・常に色眼鏡で見られる辛い環境

・いくら頑張ってもカネコネと言われる

 

宝塚の退団理由は、

口止めがかかってるのか表には出ません。

 

なので真相は闇と言うのがいつものパターンですが、

本人が嫌になった、耐えれなくなった、

この可能性は極めて高いと考えられます。

 

実際自分がそう言う立場だったら、

かなり辛いと思います。

 

新しいステップへ

在籍年数が短い分、

年齢的にはまだまだ若いので、

外部の団体で活動を続ける事も出来ます。

 

また結婚を考えれば、

若い方が有利に働く傾向があります。

 

下手にアンチに叩かれてトップ娘1になるより、

別の人生を歩む方が賢い選択なのかもしれませんね。


スポンサードリンク


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ