音月桂疑惑の退団理由・真相、宝塚歌劇団雪組トップスター

スポンサードリンク




宝塚歌劇団雪組トップスターの音月桂さんが、

12月24日の東京千秋楽公演を最後に退団しました。

 

最近のトップスターの任期は3年が普通、

柚希礼音、和央ようか、春野寿美礼等は任期が長く、

逆に1~2公演で退団したトップもいます。

 

音月桂の退団は明らかに早く、

劇団側も予想外と言う印象を受けました、

今回は疑惑の退団理由に付いて取り上げます。

劇団が責任を取って辞めさせた?

退団会見でも答えていましたが、

結婚による寿退団ではないとハッキリ言ってます。

 

次に観客動員数が少ない事による、

責任を取らされての退団ですが、

確かにトップ就任以降は観客動員数が少なかったです。

 

雪組トップスター水夏希退団後、

当時2番手でファン人気の高かった、

彩吹真央を退団に追い込んでまで、

劇団側が音月桂をトップにした事で批判が出ました。

 

劇団のやり方に反感を持った雪組ファンの人が、

雪組ファンを辞めると言う事態に発展しました。

 

 

またお披露目公演のロミオとジュリエットで、

96期生いじめ問題の主犯格と噂される、

メモカをジュリエットにした事で批判が高まり、

観客動員数が伸び悩む原因となってます。

 

これ以降も仮面の男を筆頭に、

作品に恵まれず駄作に当たり続けました。

 

しかし劇団は音月桂を大切にしているので、

責任を取って退団させたのではなく、

音月桂自身が嫌になって辞めた可能性があります。

 

スポンサードリンク

音月桂の意思で自主退団をした?

音月桂はビジュアルが良く、歌も上手い事から、

劇団側も早い時期から抜擢をして、大切に育てていました。

 

音月桂の次にトップスターに就任した、

元花組の壮一帆はファン人気はありましたが、

年下に次々抜かれて行った事を考えると、

劇団的には別格2番手のつもりだったはずです。

 

えりたんを止むを得ずトップにせざるを得なかった理由は、

音月桂が急に退団を申し出た事でしょう。

 

 

当時・現準トップの早霧せいなは、

ビジュアルは良いのですが歌が下手で、

トップスターには早い印象でした。

 

パレードでの羽根の大きさから考えて、

劇団がトップスターにしたいのは、

間違いありません。

 

しかしファン人気があまりない状態で、

トップスターにすると、音月桂の二の舞になります。

 

 

またファン人気の高い壮一帆、北翔海莉を、

このまま退団させると、ファンの批判が強まる事必死。

 

そこでファンへの義理立て、

早霧せいなの成長を加味して、

えりたんをワンクッション挟んだと言うのが、

大多数のファンの見解ですね。

 

退団理由の真相は本人しか分からない

音月桂はビジュアルが良いので一般ウケしますし、

退団後は芸能界入りして、テレビ出演もしてます。

 

芸能界入りをするなら若い方が良いですから、

それを見越して早めに辞めた可能性もあります。

 

しかしながら本当の理由は本人しか分かりません、

劇団にもウソの理由を言って辞めたかもしれませんし、

退団理由の真相は闇ですね。


スポンサードリンク


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ